Monthly Archive: February 2016

Feb 10

キャッシングするときは、できるだけ

キャッシングするときは、できるだけ安全な会社から借りたいですね。 「大手」も信頼のひとつになるかと思います。銀行系ではモビット、ノーローン、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどが知名度が高いです。 大手というと豊かな経済力が背景にありますが、利用者へのアピールポイントはズバリ、低めの利率設定でしょう。無計画な借入さえしなければ、大手ならではの低い金利負担で支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。また、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。 収入が入る間に支払われる額とは金融機関から小口の出資を得ることです。通例、お金を借りようとすると保証人や安全保障が必要になります。 とはいえ、キャッシングの場合は保証人や担保を準備する用がありません。 身分証明ができる書類があれば、基本的に融資を行えます。キャッシングといったら消費者金融やクレジットカード会社、銀行等から融資をしてもらうことです。保険のようなものは必要ないですし、お金を返す方法もたくさんの種類があって融通が利くため、利用する人は増えてきています。 どのような理由でも借りることができますので、急遽の支払いで手持ちが足りない時にはよいでしょう。 クレジットカードって限度額に達してさえいなければいくらでも使えますよね。調子よく使い続けていたら、いつの間にかかなりの金額になっていて、引き落とし日に入金するお金に困った挙句、消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。いっそのこと今勤めている会社を辞め、退職金を貰って払うしかないとまで思いつめましたが、そこまでの勇気もなく、両親に泣きつきお金を貸してもらうことが出来ました。簡単に右から左へ用意できるような金額でなく、ざっと計算しても5百万円近くになりましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。 いくら親子とはいえ感謝してもし切れませんが、けじめとして、借用書を渡し、返済計画もその都度伝えながら、生き方を改めることで人並みの暮らしを続けることが出来るようになりました。 両親を失望させることの無いよう、気を引き締めて生活していきます。 ネットが世間に普及してからはPCやスマートフォンなどからも現金を借りられるようになったので、気軽に利用することができるでしょう。そして、キャッシングが可能なのは18歳、または、20歳以上で仕事についていて安定している収入をお持ちの人に限定されます。キャッシングの金利は借りる会社それぞれで異なっています。できるだけ低い金利のキャッシングの会社を見つけるというのがかなり重要です。借入金を返す方法には様々な方法がありますが、店頭における支払いの他に口座自動引き落としや銀行振り込みを利用したり、金融会社やコンビニのATMでも振込みすることが可能です。 一般的とは言えない方法では現金書留による支払いも可能ですが、最も多いのはATMで支払う方法です。 キャッシングとカードローンは、異なるものではないものだとあなたは考えるかもしれませんが、返済の際に違いがあり、キャッシングはほとんどの場合が一括払いで、カードローンでは、ほとんどの場合が分割払いという具合です。ですので、少しだけお金が必要なときには、キャッシングをオススメします。お金を借りるって金額に制限なく借りられるという感じの人が多々いるようですが、何を隠そうそういったことはありません。キャッシングには現金を借り入れできる限度額があり、その限度額内においてのみ現金が借入可能ではないので、念頭においておかねばなりません。カードローンの審査には正直に記入しなければいけません。 ウソを書くと有印私文書偽造といって、立派に刑事処罰の対象になります。もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。 被害が出たら、常識的に言って警察に通報するといったところでしょうか。 いずれにせよプロ相手に虚偽が通ることは無謀というものです。信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。 個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、バレた時点で【全額一括返済】になるはずですが、本当に一括で返せますか?リスクは必至です。正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。カードローンで延滞するとそのカードは使えなくなってしまい、ほかのカードも順次利用停止になるでしょう。 その後、支払いを催促する手紙が自宅へ送られてきます。 払わないまま連絡をしないでいると、元々借りていた会社から別の会社(回収業者)へと債権が移され、最終的には裁判ということになります。 延滞しないことが第一ですが、もし期日に間に合わないようなら借りていた業者に連絡してみましょう。 月々の返済額を減らしてくれたり(長期化します)と、現実的な支払方法を提示してくれることもあります。